img-1

継承者がいなくても安心の永代供養

永代供養とは血縁の薄い人や、お墓の後継者のいない人などに代わって、霊園やお寺が管理や供養をしてくれることで、管理費を支払い続ける限り永代使用することができます。


時代を反映するように独身者や身寄りのない人が増えており、需要も高まっています。

永代とは言っても30年、50年など長い期間に渡って供養をしてくれることで、一定の区切りがあり未来永劫ではありませんので、依頼の際には預かり期間や供養の方法などを、よく相談することが大切です。



また永代供養の費用も、各霊園やお寺によって異なりますので、その点も確認しましょう。



永代供養も墓石式、ロッカー式、機械式など様々なタイプに分かれます。



一般のお墓を大きくした形の納骨堂を作り、その上に仏像や仏塔などを建立したものが比較的ポピュラーでしたが、近年はマンション型と言われ、室内のロッカーなどでスペースを仕切る形も安価でできることから注目されています。



中には立体駐車場のようになっており、カードを差し込み暗証番号を入力すると、目の前に骨壺が現われる仕組みのものもあり、普段はお参りできない家族も手軽に訪れることができます。



更にインターネットでのお参りが可能なタイプもあり、身体の不自由な人や高齢者も手を合わせることができます。


納骨の仕方は最初から遺骨を一ヶ所にまとめて土に還す合祀と言われる方法と、一定期間を納骨堂に安置し、その後に合祀する方法などがありますが、どのタイプを選択しても何れは合祀されることになります。



関連リンク

img-2

継承者がいなくても安心の永代供養

永代供養とは血縁の薄い人や、お墓の後継者のいない人などに代わって、霊園やお寺が管理や供養をしてくれることで、管理費を支払い続ける限り永代使用することができます。時代を反映するように独身者や身寄りのない人が増えており、需要も高まっています。...

more
img-3

永代供養のかたちについて

永代供養は墓を管理したり供養してくれる人に代わって責任もって供養管理してくれる墓です。しかし永代という言葉の誤解からトラブルが発生するケースもあります。...

more